全面にプリントしたフルグラフィックのオリジナルTシャツの作り方

とにかくインパクトのあるオリジナルTシャツを作りたいという場合におすすめなのが、写真やオリジナルイラストなどを生地全体にプリントしたフルグラフィックのオリジナルTシャツです。

最近では、フルグラTシャツ、フルプリントTシャツ、総柄プリントTシャツなどとも呼ばれ、有名なTシャツ専門店でも見かけることが多くなりました。

実際に、飼っている猫の写真をプリントしたり、自分でデザインしたキャラクターのイラストで作成するといったケースも多く、プレゼント用のTシャツとしてもとても人気があります。

全面プリントのオリジナルTシャツを作るときに知っておきたいポイント

全面プリントのオリジナルTシャツを作る場合は、通常のプリントTシャツを作る場合と違って、印刷方法や選べる生地の種類に制限があります。

片面と両面が選べる

全面にプリントする際は、Tシャツのフロント全体に印刷する場合と、フロント全体とバック全体の両面に印刷する場合の2種類の方法があります。両面に印刷する場合は印刷料金もアップしますので、自分のプリントしたいデザインに合わせて、片面印刷か両面印刷かを決めましょう。

フロント全体に印刷する場合の範囲フロント全体
バック全体に印刷する場合の範囲バック全体
両面全体に印刷する場合の範囲両面全体

フルグラフィックTシャツの印刷方法

Tシャツの全面にデザインをプリントする場合は、ほとんどの印刷会社が昇華印刷という印刷方法でプリントしています。印刷会社によっては「オーバープリント」「昇華転写」「熱転写」など、異なる表記になっていますが、どれも基本的な印刷工程は似たようなもの同じと考えて問題ありません。

シルクスクリーン印刷やインクジェット印刷でも、全面にプリントすることは技術的に可能ですが、昇華印刷と比べると、製版等の都合上、どうしてもコストが高くなってしまうため、あまり積極的に用いられることはありません。

出典:Tシャツ熱転写印刷(全体印刷)

Tシャツ生地とカラー

Tシャツ全体に印刷する場合に使われるTシャツの生地はホワイトのポリエステル素材のTシャツ(いわゆるドライTシャツ)のみとなります。

昇華印刷はデザインをTシャツ生地に熱圧着させるプリント方法なので、熱に耐性のあるTシャツ素材でないとプリントができないためです。

ドライTシャツというと某大手アパレルのアンダーウェアのような、ツルツルの素材を連想する人もいるかもしれませんが、ポリエステル素材でありながら、コットン風の肌触りを再現したTシャツもありますので、ドライTシャツ特有の質感が苦手な方でも安心です。着心地だけでなく、見た目も綿のTシャツとほとんど変わらないので、普段のファッションにも合わせやすいのが特徴です。

フルグラフィック印刷の価格

ワンポイントに印刷したオリジナルTシャツは、安いものだと1,000円台で作ることができますが、フルグラフィックTシャツの場合はどうでしょうか?

本記事の最後に参考価格を記載していますが、フルグラフィックTシャツをオリジナルで作る場合は、3,000円〜5,000円くらいが相場となっています。

さすがにワンポイント印刷の場合と比べると倍以上の価格になりますが、ブランド物のTシャツが5,000円〜10,000円くらいすることを考えると、送料を含めて5,000円以下で、これほどインパクトのあるオリジナルアパレルが作れるということは、非常にコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

Tシャツ全体にプリントできる印刷サービス

生地の全面にデザインを印刷したオリジナルTシャツを作る際におすすめのサービスを3つピックアップしました。

オリジナルプリント.jp


オリジナルプリント.jpは東京都の株式会社イメージ・マジックが運営しているオリジナルTシャツのプリントサービスです。

このサービスの最大のメリットは、作りたいTシャツのデザインがウェブサイト上から作成できるところです。

ウェブ上で印刷したい写真やイラストを選択して、Tシャツに全体を覆うようにサイズを調整するだけで、仕上がりのイメージが3Dで確認できるので、問題なければそのまま注文すればOKです。

また、コスト的にも1枚3000円以下と、低価格でフルグラフィックTシャツが作れるのも魅力です。

T-PRINT KOBO


T-PRINT KOBOは長野県のファインテックが運営しているプリントサービスです。

オーソドックスなクルーネックTシャツのほか、タイトなVネックシャツや女性向けシルエットのXラインシャツ、タンクトップなどにも全面プリントが可能です。

注文にはIllustratorを使った印刷用データの作成が必要となります。

チットプラス


チットプラスは岐阜県の早川繊維工業株式会社が運営しているオリジナルグッズの製作サービスです。
スペック的には先述の2社とさほど違いはありませんが、ジュニアサイズのTシャツも全面プリントすることができるのが特徴です。

デザインの入稿にはIllustratorを使った入稿データの作成が必要ですが、印刷方法やデータ作成時の注意点などが非常に細かく丁寧に説明されているので、Illustratorが使える人なら、迷わずデザイン作成が進められるでしょう。

まとめ

以上、Tシャツの生地全体にデザインをプリントした、フルグラフィックのオリジナルTシャツを作る時にチェックすべきポイントと、対応している印刷サービスを紹介しました。

今回紹介した3社でフルグラフィックTシャツを作った場合の比較表を作りましたので、印刷サービスを選ぶ際の参考にしてください。


サービス名 originalprint.jp T-PRINT KOBO チットプラス
商品名 オールオーバー ドライTシャツ UnitedAthle 5900 全面プリントTシャツ
サイズ S〜XL 120〜XL 150〜XXL
厚さ 4.1oz 4.1oz 4.1oz
入稿方法 ウェブから作成 Illustratorが必要 Illustratorで作成
片面印刷 ¥2,830 ¥3,000 ¥4,650
両面印刷 ¥5,030 ¥4,800 ¥6,200
送料 ¥540 ¥648 ¥870