個別の名前と番号を印刷したユニフォーム風クラスTシャツの作り方

サッカーや野球のユニフォームのようにバックプリントに名前と出席番号が入ったデザインはクラスTシャツの定番デザインです。

例えば、Tシャツの表側には全員共通でワンポイントのロゴマークを入れ、背中側には出席番号と名前は一人ひとり違うものをプリントする、というようなデザインです。今回はこのユニフォーム風クラスTシャツの作り方とおすすめのサービスについて紹介します。

個別のデザインのクラスTシャツを作る場合の印刷方法

クラスTシャツのように同じ柄で枚数の多いTシャツをプリントする際はシルクスクリーン印刷という印刷方法が一般的ですが、背番号などを連番で名入れをするデザインの場合は、ひとつひとつデザインが異なるため、版が不要で1枚からでも低コストでプリントが可能なインクジェット印刷もしくはカッティング圧着という印刷方法が使われます。

出典:カッティング圧着プリントについて|オリジナルプリント.jp

背番号や名前をプリントしたクラスTシャツが作れるおすすめのサービス

tmix

tmixは様々なデザインのクラスTシャツの制作実績があり、サポートも充実しているため初めてクラスTシャツを作る人でも安心して注文できます。連番の背番号など、一人ひとり異なるデザインの場合でも割引が適用されるので、背番号が入ったチームTシャツを簡単に作ることが出来ます。

オリジナルプリント.jp

オリジナルプリント.jpはブラウザ上で簡単にデザインを作ることができて、そのデザインの最終的な見積り金額も表示されるので、自分の想定しているデザインで注文した場合にどのくらいの費用が必要のかすぐにわかります。

こちらのサービスで連番Tシャツを作るときは、デザインツールの機能のひとつである「テンプレートの保存」を利用すると効率的にデザイン作業をすすめることができます。まず初めに雛形となるデザインをひとつ作っておいて、そこからデザインをコピーして名前と番号と変えるだけで連番Tシャツが作れます。

価格や作業方法について詳しくは後述しますが、連番クラスTシャツを作るのに最もコストパフォーマンスの良いサービスのひとつです。

連番クラスTシャツの価格を比較

クラスTシャツにサッカーユニフォームのように個別の番号と名前をプリントした場合の価格を上記2つのサービスで比較してみました。

Tシャツ本体は同じ5.6ozの厚さで色はホワイト、印刷方法はインクジェット印刷を選択しました。価格はTシャツの本体価格、印刷料金、配送料、消費税を全て含んだ最終的な注文時の価格です。

2社を比べてみると、50枚までオリジナルプリント.jpの方が安いのですが、tmixは100枚を超えると割引率が50%になるので一気に安くなります。

このようにまったく同じスペックでもデザインや作成する枚数によって価格は変わってきますので、予算と相談しながら参考にしてみてください。

背番号をプリントしたユニフォームシャツの注文価格
サービス オリジナルプリント.jp tmix
商品名 TRUSS
ヘビーウェイト
(5.6oz)
Printstar
00085-CVT
(5.6oz)
価格:10枚 21,700円 30,677円
価格:30枚 65,100円 82,345円
価格:50枚 108,500円 121,095円
価格:100枚 217,000円 161,460円
詳細 商品ページへ 商品ページへ

※掲載されている価格は2015年9月30日時点のものです。時期によって変動する場合がありますので詳しくはサービス提供元にご確認ください。
※ブラックなどの濃色シャツの場合は価格が変わる場合があります。

背番号をプリントしたユニフォームシャツの注文手順

オリジナルプリント.jpで個別の背番号をプリントしたユニフォームタイプのTシャツを作るときの注文手順をまとめました。

最初に雛形のデザインを作る

1. 希望商品の商品ページからから「デザイン:お見積へ」をクリックします。

2. 希望数量を入力します。今回は1枚ずつ違うデザインなので、1枚を選んで次へ進みます。

3. インクジェットプリントを選択し、背中中央を選択してから「デザイン入稿して注文する」をクリックします。

4.「デザインツールを使う」をクリックします。

5. デザインツールが表示されるので背番号と名前を入力してレイアウトを決めます。デザインが完成したら「確認ページへ進む」をクリックします。

6. 仕上がりイメージが表示されます。問題なければ「カートに入れる」をクリックするとアラートがでてきますので「カートへ進む」をクリックします。カートの中身が表示されますので、これで雛形となるTシャツのデザインが完成しました。

雛形を複製して次のデザインを作る

7. 続いて背番号2を作りたいので、「追加」をクリックします。

8. Tシャツの色とサイズを選択して「カートへ追加する」をクリック。

9. 複製されましたので上のデザインを2番に修正します。「イメージ画像」をクリックするとポップアップ画面が開きますので「デザインを変更する」をクリックします。

10. デザインツールが開きますので、背番号と名前を書き換えます。完成したら「確認ページへ進む」をクリック。

11.「デザインを変更する」をクリック。

12. 無事に2番のユニフォームが出来ました。以上の流れで必要な番号分を繰り返し、全て出来上がったら「ご注文手続きへすすむ」から注文画面に進めば注文できます。


デザインは途中で間違ってしまっても何度でも修正ができるので、納得がいくまでやり直してください。

クラスTシャツ30枚を個別のデザインで作るのは大変

以上、連番Tシャツを作る時の注文の流れをシュミレーションしてみました。30人のクラスでオリジナルクラスTシャツを作る場合は、上記の手順を30回繰り返さないといけないので、1デザイン10分で作ったとしても5時間かかります。かなり根気のいる作業になりますので、印刷するデザインや枚数の確認などの準備は早めにしておきましょう。